SNSフォローボタン
マヒロをフォローする

注文住宅ならランドリールームは絶対計画した方がいい!!

住宅
この記事は約5分で読めます。

こんばんはマヒロです (@mahironomado

1年半じっくり時間をかけて注文住宅を購入した経験から

間取りを考える上でランドリールームは必要であるという話をしていきます

主婦 Yさん
主婦 Yさん

どうせ建てるなら家事は楽したい!

ランドリールームってどうなの?

という方にぜひ読んでもらいたいです

 

言いたいこと

ランドリールームがある生活はとても便利になります

ランドリールームとは外干し派、部屋干し派、朝洗濯派、夜洗濯派全ての人にとって万能です

理由

毎日しないといけない 三大家事[ 炊事 洗濯 掃除 ]の一つ

ランドリールームがあることで洗濯の作業効率はぐっと上がり 時間短縮になるからです

洗濯ついての作業工程は

  • 洗濯するものを仕分けする
  • 洗濯機を回す
  • 洗濯物を干す
  • 洗濯物をたたむ
  • アイロンがけをする

のようなことを行います

ここで一般的なよくある4LDKの間取りを見てください

 

あなたなら実際に洗濯をする過程をこの家でどうこなしますかイメージしてみてください

洗濯干す場所はどこにします?

  • 洗面室
  • リビング
  • 二階の廊下
  • 2回のどこかの部屋

が考えられますが

  • 洗面室:家族全員の洗濯物を干すには狭すぎる
  • リビング:せっかくの広いリビングが洗濯物を干すことで空間が台無しに
  • 二階の廊下や部屋 :わざわざ濡れた洗濯物を2階に運ばないといけない

この間取りには2階プレイルーム的な共有スペースがないですが、2階に干す場合、せっかく2階の共有スペースがとても残念なことになります

  • 部屋 :単なる洗濯部屋になるのはとても残念

 

ところが

1階にランドリールーム(家事室)があることで

洗濯についての作業工程

  1. 洗濯するものを仕分けする
  2. 洗濯機を回す
  3. 洗濯物を干す
  4. 洗濯物をたたむ・しまう
  5. アイロンがけをする

の中の、クローゼットにしまう衣類をしまう行為以外一箇所で処理することができます

これってほんと

大幅に家事時間の削減になるんです

 

 

 

だから

ランドリールームがあることにより

  • 二階へ水を含んで重くなった洗濯物を運ぶ必要がなくなる
  • 乾いた洗濯物を1回へ降ろす手間がなくなる
  • キッチンと連続することでながら作業がしやすくなる
  • 旦那の家事への協力を求めやすくなる

とかとか

良いことずくめですよ

 

ここからもっと深掘りします

そもそもランドリールームとは

ランドリールームとは、洗濯に関する家事をまとめて行える部屋のことです。

簡単いいえば、選択に関することすべてが一箇所で行える部屋の事 UTの拡大版のような部屋

洗濯機や乾燥機、物干し竿やアイロン台などを設置することで、洗濯から乾燥、アイロン、畳む作業そしてしまう場所を一貫して行うことができる最高の部屋です

我が家では、衣服は2階のウォークインクローゼット(WIC)に収納しているため ランドリールームには肌着、部屋着、パジャマ、タオル類、ストック類までランドリールームに収納しています

ランドリールームに求める機能

  1. 洗濯をする
  2. 洗濯物を干す
  3. 洗濯物をたたむ場所
  4. 洗濯物をしまう場所
  5. アイロンかける場所

これらの作業を全て行うことができれば完璧です

必要な広さとは

UTを1畳程度大きくしただけでは意味がありません

我が家は当初のUTよりも2.5畳の広い間取りにしました

そうすることで洗濯物を干すのに十分な広さが確保できます

ランドリールームを作ることでのデメリット

実際一番のデメリットは広さによる建築費用が高くなることです

1階には リビング収納 玄関クローク シューズクローク パントリー リビング・ダイニングの他に我が家では一階に和室(客間:将来爺さんになった時のための寝室であり現在は子供ものための部屋)を設計し、さらに通常のUTよりも2,5畳広い空間を用意することになるので、建築面積が増えたことで我が家では50万程度のコストアップにはなりました。

 

ランドリールームがあることで日用品も煩雑に収納してしまいストックが増えてしまった

それでも実際に生活してみても、ランドリールームは作ってよかったと思います

必要なものは取り入れることができるのは注文住宅だからこそできること

後で後悔のない生活のためなら必要なものは絶対に組み込むべきです

※ 他のことで必要の有無を検討すれば建設費削減はいくらでもできます

 

まとめ

繰り返しになりますがランドリールームについてまとめると

  • 家事効率が上がる
  • 洗濯物をリビングやその他の部屋に干すことがなくスッキリした空間で過ごせる
  • 必要な広さは通常のUT➕3畳あれば成り立つ

 

歳をとってから洗濯干しに2階に上がるなんて、無理ゲーです

間取りを計画する際にランドリールーム取り入れよう

必ず家事が楽になりますよ

 

 

 


 

コメント

  1. ヨシロー より:

    はじめまして、ヨシローと申します!
    いきなりコメントさせていただきました。

    ランドリールーム(我が家では洗濯室と呼んでいます)は僕も必要だと思っています!
    年中、天候関係なく干せる環境はぜひ設けていただきたいですよね。
    特に梅雨時期は洗濯室がなかったと考えたら…

    洗濯乾燥機で代用することもできますが、乾燥できる量も限られますし、子育て世帯からすると大容量干せる環境を設けて本当に良かったと思います!

    これからもブログ楽しみにしております!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました