SNSフォローボタン
マヒロをフォローする

【注文住宅】買った後に後悔や失敗しないために必要な3つの準備

住宅
この記事は約5分で読めます。

🌈こんにちはマヒロです (@mahironomado

注文住宅でマイホームを建てて3年目の生活をしています。

注文住宅で『満足度98%の家』家を建てた私が、建てる前と実際に住んでみてわかった『残りの2%の満足できなかった事』も踏まえて私なりにまとめてます。読んでいただいているこれから家を検討している方が『満足度100%の家』を建ててもらうための少しでも参考になるような記事を書いてます。

理想の家づくり応援します

『注文住宅』で家を建てる時には

家を建てた経験もない素人が何千万もの買い物をするということを忘れてはいけません

私もそうでしたし、これから家を建てるあなたも【家を建てた経験もない素人】なんです

野球でも、将棋でも何でも同じですが
素人が何の練習も準備も努力もせずに成功を収めることは不可能ですよね…

家も同じです。

そして

家を建てようと思った時に大事な考え方として

1000万円の家でも、3億円の豪邸を建てても必ず住めば不便なところが必ず出てきますという理解です

理由は

ライフステージが変われば
便利だったところが不便になり、不便だったところが便利なところに変わるからです。


どんなにその時お金をかけて理想の家を建てたつもりでも必ず。思ってたのとは違うところは出てきます

そう考えると、

俗に言う『理想の家を建てるには3回建てろ』ってのは

それぞれのライフステージに合わせた家が必要となるからそれぞれに合わせた家が必要ってことから言われている気がして納得ができます。

それでもやっぱ後悔したくはないですよね??

そんな方に向けて

今回は実際の経験から、注文住宅を建てた後の後悔や失敗しないために必要な心構えと3つの取り組み方について書いてます。

注文住宅新築で失敗・後悔しないためのたった一つの作業とは

建てた後で失敗・後悔しないためには

『納得して選択する!ということを増やす』 

これの積み上げが最も重要です

つまりこれが、理想の家を建てるのに必要なことです!

『注文住宅を買って後悔したことや失敗した』というのは簡単にまとめるとこういうことです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

買った後の後悔のほとんどは、

事前に

◎ 知らなかった

◎ わからなかった

という事から発生するんです!!!

大多数の人は→予算だったり、広さなどの制限がある状態で建てるのですからあれもこれもオプションをつけるわけにはいきません

『不便』だという事も

事前に理解して受け入れた場合と知らなくて突然現れた場合では気持ちも捉え方も全然違います

だからこそ、『納得した選択』の数が多ければ多いほど、買った後の後悔や失敗しないための秘訣と言えます

そしてここからもう少し掘り下げていきます

よく聞く家を建てた後の後悔リスト

  • 「借入額をもっと減らせばよかった」
  • 「見積もりの金額が支払う金額だと思ってた」
  • 「やっぱり和室をつければよかった」
  • 「適当に選んでしまった」
  • 「もっと広くすればよかった」
  • 「床の色がイメージと違う」
  • 「やっぱり2階にトイレがあればよかった」
  • 「玄関からキッチンまでの導線が遠かった」
  • 「コンセントの数を増やせばよかった」
  • 「外構の事を考えてなかったから予算がない」
  • 「窓が高くて掃除がしずらい」
  • 「子供部屋が広すぎた・狭すぎた」
  • 「トイレの場所がリビングから近くて気になる」
  • 「思ってた以上に吹き抜けだと音が気になる」
  • 「ベランダをもっと広くすればよかった」
  • 「ベランダはいらなかった」
  • 「実際完成したら外壁の色が気に入らなかった」

これらは

  • お金の後悔
  • 間取りの後悔
  • 外装、設備の後悔

といったものですが

ほぼ全て

《わからなかった》《知らなかった》と納得した上で自分で選択していないために後悔は発生するものばかりです

だからこそ

『納得して選択することを増やす』必要があります

そのためにすることとは何でしょう??

それを考える必要があります

注文住宅で後悔しないために3つのすべきこと

私が実際に家を建てるまでにした3つのこととは

理想の家づくりのための行動

1.要望を整理する
2.住宅について勉強する
3.できるだけたくさんの家を見る

どれも当たり前のことですがこの3つはとても重要です

1.要望を整理する


建てた家での暮らしのイメージをできるだけ明確にしました。
そのために、夫婦(家族)でどんな暮らしをしたいのかしっかり時間をかけて話し合いをする


✅要望を叶えるためにはどんな家を立てればいいのか?
✅どんな建築会社に頼めばいいのか?
この話し合いをし、意見を整理できてることで建築会社にも自分たちの要望を上手に伝えることができるようになります

2.注文住宅についての勉強をする

この作業を怠ることで業者任せになりすぎてしまい結果理想の家とはかけ離れた家になってしまいます


私自身もネットや雑誌や書籍を使って猛勉強しました

最近はYouTubeでも家系のチャンネルも増えたのでそちらを活用するのもおすすめです

ただし、
中途半端な知識はかえって偏った考え方になるので柔軟に対応することも重要です。

3.できるだけたくさんの家を見る


週末を積極的に活用して展示場やオープンハウスをひたすら見学しに行きました

実際に建っている住宅をたくさん見ることで
✅イメージがまとまりやすくなる
✅色々な営業マンから住宅についての情報を吸収することで自分の知識となる

といったメリットがあります

せっかくの休日家族とレジャーに行きたい、友人とゴルフに行きたいという気持ちをぐっと我慢したのを思い出します
けど今となっては『家活』に専念して良かったと思ってます

一生に一度の数千万の買い物です!専念し労力を惜しむべきではありません。

まとめ

【注文住宅】を建てた人が何らかの後悔や失敗をしています。

その理由のほとんどは《知らなかった》とか《わからなかった》という事柄です。

そんな後悔を少しでも減らすために必要な事、しないといけない事とは何か?

後悔を減らすためには

《納得して選択する!という作業を増やす》

そのための行動は

1.要望を整理する
2.住宅について勉強する
3.できるだけたくさんの家を見る

一生に一度で最高の買い物であるマイホーム

出来る事はとことん集中してやってみることで少しでも後悔はなくすことができるはずです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました