SNSフォローボタン
マヒロをフォローする

【サホロリゾート】大迫力のヒグマを体験 ベア・マウンテンの魅力とお得情報のまとめ

イチオシ
この記事は約4分で読めます。

北海道新得町にある

〈スキー〉〈ゴルフ〉〈ホテル〉から

〈ラフティング〉〈カヌー〉といったウォーターアクティビティー

まで楽しむことができるサホロリゾート

その中に【ベア・マウンテン】という施設があります!!

ズバリ

野生の状態に近い状態でヒグマを観察できるアクティビティ施設

今回、初体験してきました。

知床に向かう途中で偶然ヒグマと遭遇したことがありますが

こんな近くで安全にヒグマを見ることができるのは北海道ではここが一番のおすすめスポットだと思います

【ベア・マウンテン】の基本情報(2020年)

〒081-0039
北海道上川郡新得町狩勝高原

営業期間は2020年5月1日(金)~2020年10月18日(日)

営業時間は 9:00~16:00

料金表大人子供
入場券1870円1320円
ベアウォッチングバスつき入場券2970円2420円

ヒグマを見るには基本的には2つ選択肢があります

入場券だけ買って遊歩道からヒグマを眺めるか、バスに乗って目の前にヒグマを体験するかです

ベアウォッチング付き入場券がおすすめ(徒歩コースだと満喫できません)

バスコースがおすすめの理由

○ 間近で野生に近い状態の大迫力のクマを見ることができて大満足できる

 この日は4頭のヒグマをまじかで観察することができました

○ 運転手さんの愉快なトークが面白い

 ネタバレになってしまうので内容は書きませんが、ベアポイントまでの25分~30分の間ずっと軽快なトークの運転手さん。 クマを見慣れてきた後半は個人的には運転手さんのトークに夢中でした。

 ヒグマの生態についてとっても興味深く勉強にもなります。

○ 狭い道をバスで巡るワクワク感とスリルは子供も大人も楽しめます

 こちらも愉快なトークの運転手さんのテクニックによってアトラクションとしての楽しさも味わうことができました。

○ 徒歩コースだと熊と遭遇する機会はかなり少ないです

野生のヒグマに近い状態といってもバスコースの途中でヒグマを観察できるように飼育員さんがヒグマを誘導してくれるので間近で見ることができるようなので、徒歩コースではまじかで観察するのは難しいと感じました。

なので

これがベストなプランはこれです↓↓↓

ベアウォッチングバスコース→ベアポイント到着→遊歩道コースを歩いて戻る

ベストプランの解説

《ベアウォッチングバスコース》

ベアマウンテン号

サファリパークのようなワクワク感を抱かせてくれるバスに乗り込みます

バスの中はこんな感じ

360°観察しやすいレイアウトになっていて、移動中の席の移動も結構自由な感じです

2重の鉄格子という厳重な入り口から入っていきます

この厳重さが、ワクワク期待感倍増です

ヒグマとの遭遇

目の前に出没するヒグマ

水の中に入る姿、大胆に横になる姿を数mの距離で観察することができるのは圧巻です!

《ベアポイント》

クマと大接近できます

ガラス一枚、数十cmの近さにいるヒグマと一緒に写真を撮ることができます

まぢかすぎちゃんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ヒグマの生態について学ぶことのできるブースもあります

驚きです!!!!!!

生まれたてのヒグマの赤ちゃんの体重は400gだそうです。

《遊歩道コース》

遠くからのんびりヒグマを眺めながらスタート地点まで散策しながら戻ります

獣臭はしないので景色も眺めながら気持ちのいい散歩コースです

《クーポン情報》知っトク割で各種チケットが半額になります

【知っトク割】とは

新得町民&北海道民限定の新得町内の宿泊施設や体験型観光施設、スポーツアクティビティを利用する場合に、利用料金が 町民で最大6000円 道民で最大5000円助成してもらえるシステムです。

※各施設で限度額に達し次第終了します

こんなお得な割引を使えるのは今年だけ!!!!

この記事は2020年9月末の時点での情報になります。
変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

🌈こんにちはマヒロです (@mahironomado

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます

生まれてからずっと40年ほど北海道に住んでます。

つまり、なまら 北海道の人です

私が、妻が、息子が私たち家族が経験したことに基づいて

皆様の生活にお役立ちできるような情報を発信していこうと決断

 40歳からツイッター、インスタグラムも初めてみました。

もし宜しければ、いいね、フォローよろしくおねがいたします

インスタグラム:mahiro_151a

ツイッター:@mahironomado

コメント

タイトルとURLをコピーしました